薄毛の印象アンケート

髪を増やしたいからなんとなく育毛剤を使っていませんか?

男性の薄毛の原因は男性ホルモンにあり


20代や30代と言った若いうちから薄毛が始まる男性が多く見られています。 そいういった年代から始まる薄毛の原因は男性ホルモンが大きく関わっていることが多いあります。

男性ホルモンで代表的なのがテストステロンです。
この男性ホルモンは男性らしい筋肉や骨格を形成したり生殖機能をアップしたりいろいろな働きがあります。

しかし還元酵素の5αリダクターゼと結びつくことでジヒドロテストステロンと言う男性ホルモンの一種に変わります。

ジヒドロテストステロンには髪の毛の成長期を短くする働きがあります。 成長期が短くなると十分に長く太く成長する前の細く短い髪の毛のうちに抜けてしまうようになり、次第に抜け毛が増えていき薄毛が広がってしまいます。

5αリダクターゼには1型と2型があり2型が額の生え際や頭頂部に多く見られ、額の生え際や頭頂部から薄くなることが多いです。 こういった男性ホルモンが薄毛の原因である症状をAGA男性型脱毛症と呼んでいます。

5αリダクターゼ2型は多い人と少ない人と分かれ、少ない人はAGAを発症しにくいですが多い人は発症しやすくなります。 遺伝によって5αリダクターゼ2型の多い少ないが引き継がれると言われています。

特に母の父、ご自身の祖父にあたる人が薄毛だとAGAを発症しやすくなります。 もしAGAを発症しても有効なAGA治療薬があり、特に有名なのがプロペシアと言う内服薬で、プロペシアにはフィナステリドと言う5αリダクターゼ2型を阻害する成分が含まれています。

1日1mgを上限に毎日服用することで脱毛予防が期待できます。 すぐに効果が出始めるのではなく3か月から人によっては6か月とかなり期間がかかります。

プロペシアの他にもミノキシジルを主成分にした外用薬もあります。 ミノキシジルは血管を拡張させる作用があり、頭皮に塗って使用すると血流が良くなり毛乳頭細胞が活性化します。 活発に細胞分裂するようになり発毛に繋がると期待されている成分で、血流悪化が薄毛の原因の場合に特に有効です。



これからの育毛剤はどう進化する?


育毛剤は日々進化していると言います。
そして、その進化もものすごいスピードです。

育毛剤といっても今では様々なタイプがあり、抜け毛対策、頭皮の乾燥を防ぐ、皮脂を防ぐなど頭皮のトラブルによって使い分ける事が出来ます。

年代によっても頭皮の悩みは違います。ですので、どの年代の人でも対応できるために、様々なタイプの育毛剤が販売されるようになりました。

今後もさらに進化していくと思いますがどんなふうに進化するのか予想してみたいと思います。

今は育毛剤は、どちらかといえば早くても30代以降の人が使うなど、歳を重ねていくほど利用している人が増えていきます。

しかし今後は若い人たちでも使えるような育毛剤が増えていくのかなと思います。

例えば、髪の毛を将来的にも若々しくいられるように頭皮のケアをするような育毛剤が発売されると思います。

今はどちらかと言えば、頭皮トラブルが起こったときにそのトラブルを改善するためのアイテムですが、今後はまだ髪の毛のトラブルが起こっていない若い人たちが、将来トラブルが起こりにくくなるように予防のための育毛剤が人気になりそうです。

そして、若い人たち向けにパッケージももっと可愛くなったり、匂いも若い子がすきな甘い香りで、香水のような感じでつけられたりするような気がします。

ですので、顔のシミ予防を若い頃からしているように、髪の毛のケアも当たり前になってきそうです。

そして、今は育毛剤といえば髪の毛に直接つけるタイプが主流ですが、今後は飲むタイプの育毛剤も流行りそうです。

飲むだけで髪の毛のトラブルを解消したり改善が期待できるものです。また、飲むタイプのものは錠剤でラムネのように噛んで服用できて錠剤が苦手な人でも簡単に利用できるものが出来るのではないかと思います。

このように、個人的に思うのが、若い子達でも髪の毛のケアが当たり前になってきそうな気がします。

今は育毛剤を使っているというと女性は恥ずかしいので、隠すと思いますが、今後は当たり前になるので、どの世代でも大半の人がみんな使っているという事が起こりそうです。

もちろん年代によって使う育毛剤は違うのですが、お肌のケアをするのと同じ感覚で髪の毛のケアをするのではないかなと思います。

今後どのように進化をしてどのような効果があらわれるのか楽しみにしていきたいと思います。


髪の毛を増やす方法

 



正しい育毛対策【抜け毛を減らし薄毛を予防するには】