薄毛の印象アンケート

効果的なGA治療

男性の薄毛(AGA)は改善できます


AGAとは男性型脱毛症の事であり、多くの男性が悩まされている問題です。
従来は中高年の人が多かった症状ですが、近年においては、若年層の人でも多く見られる症状となっています。

AGAには、額の生え際から後退していくタイプや頭頂部から薄くなるタイプなど多種多様に存在していますので、それぞれに適した治療を施すことが重要となっています。

今。男性の薄毛に一番発毛効果のあるのがプロペシアとミノキシジルです。これは間違いありません。これらが主成分でない育毛剤は効果が見込めないといっても大袈裟ではありません。

AGAは、初期のころに治療を施せば容易に治す事ができますので、薄毛を感じているのであればすぐに治療をする事が重要となっています。

育毛剤については、比較的値段が高く設定されていますのが、確実な方法をとれば薄毛を改善することは難しくありません。


髪の量が少ない方へオススメの髪型は?


髪の毛が少ないとヘアアレンジも難しく、似合う髪型が見つからない、そんな悩みを持っている男性も少なくないかもしれません。

そんな方のために髪の毛が細くて量が少ない場合でも似合う髪型をいくつかお教えいたします。

基本、髪の毛が細くて量が少ない方の場合、長く伸ばしてしまうと余計に髪の少なさが強調されてしまいます。 特にそれは前髪にいえることであり、髪の毛の量が少ない方が前髪を長くしてしまうと余計に薄さ、少なさが目立ってしまいます。

ですので、全体的に髪が薄いと感じている方、思い切り短くするのも一つの手であります。 思い切り短くといってもスキンヘッドとまではいきませんが、ベリーショートにしてみましょう。

そのとき、頭頂部を少し長めに残してソフトモヒカンのような雰囲気にすると一気にオシャレ感がアップします。 サイドは思い切り短くして、頭頂部だけ残す髪型にすると不思議と髪の毛が薄いのが気にならなくなるのです。

もし頭頂部が薄くモヒカンのようにできない場合は、思い切って全体をベリーショートにしてみましょう。 思い切りスキンヘッドにしてしまうのもありだと思いますが、髪の毛を少し残すベリーショートの髪型にし、その状態で少し明るめのカラーをします。 明るめのカラーをすると一気に薄毛が目立たなくなります。

髪を明るい色にすることによって地肌と髪の毛の色を近づけ、コントラストを弱まらせて髪の毛が薄いことが周りに気づかれにくくする、という効果があるのです。

髪の毛をベリーショートにしたくない方にも良い方法があります。それは、髪の分け目を真ん中にしないことです。

真ん中にしてしまうと髪が左右の地肌にピタっと張り付いてしまい、髪が少ないことをより強調してしまう場合があります。

センター分けにすると薄毛が目立つ、という報告もされています。 ですので分け目はななめにしてみましょう。

分け目をななめにすることで髪にボリュームをもたせ、立体感を出す効果もあります。 この時、毛先を揃えずにできるだけギザギザにカットしてもらうのがよいでしょう。 ギザギザにカットをすることによって髪の毛により立体感が出て、ボリュームが増します。 そしてヘアセットをするときに大切なことは、ワックスをつけすぎないことです。

ワックスを髪の毛につけすぎてしまうとべたべた感が出て、地肌が見えやすくなってしまうこともあります。 適度にワックスをつけ、少しずつ毛束をとってランダムに散らすようにしましょう。 ランダムに散らすことによって髪のボリュームを少しでも多く出すことができます。

前髪にワックスをつけるときはとにかく上へ上へと持ち上げるようにセットします。

髪の毛の量が少ない方へのヘアセットのいちばん大切なポイントは、下よりも上にボリュームを持たすことであります。

つまり、襟足付近はスッキリと短くし、前髪から頭頂部にかけてボリュームを持たせ、そうすることによって全体のバランスが整うのです。 以上が髪の毛が細くて量が少ない方へのおすすめのヘアスタイルです。 ぜひ、参考にしてみてはいかがでしょうか。




正しい育毛対策【抜け毛を減らし薄毛を予防するには】